エストロゲンとはどのようなもの?

「エストロゲン」

という言葉をご存じでしょうか?

2つある女性ホルモンの1つで、卵胞ホルモンのことです。

もう1つはプロゲステロンという黄体ホルモンになります。

プロゲステロンが妊娠を助ける機能を持つのに対し、エストロゲンには、女性らしい体を作ったり、元気を保つための役割を果たしています。

いずれのホルモンも欠かすことができません。

例えば、肌の潤いや髪のツヤを保ったり、女性らしい曲線を維持できるのも、エストロゲンのお陰なのです。

この女性ホルモンは、30歳前後でピークを迎え、その後は減少していきます。

女性はいつまでも美しくありたいと願う人が多いですし、その美しさに女性ホルモンが関係あると捉えている人も多いと思います。

そのため、エストロゲンを増やすための様々な方法が、テレビや雑誌などでも多く紹介されています。

果たしてどのようにすれば増えるのか、また増えることで本当に女性の魅力が保たれるのかなどを詳しく見ていきたいと思います。

エストロゲンによって、女性らしい魅力がアップし、また保たれることを紹介しましたが、それでは多ければ多いほど良く、少ないと良くないのでしょうか。

確かに、あまりにも少ない場合は、生理不順や体調不良、排卵障害などを引き起こしやすくなり、更年期障害を発症する確率が高くなると言われています。

また、妊娠を希望している女性も、エストロゲンが不足していると妊娠しにくいと言われることもあり、意識して増やしたいと思う人も多いのは事実です。

しかし一方で、多すぎれば子宮がんや乳がんの発生を高めてしまったり、子宮筋腫の成長を促してしまうとも言われています。

しっかりと機能を理解した上で、どのように増やすのがベストなのかを考えたいですね。

次のリンク先のサイトですが、エストロゲンについて説明がされているサイトとなります。

エストロゲンの働きや知っておきたい知識が載っているほか、増やす成分や食品なども掲載されています。

是非一度ご覧ください。

エストロゲンについて詳しく知りたい方はこちらへ

Comments are closed.